ミーモ meemo バストアップ 口コミ 食べ物

MENU

バストアップするための効果ある食べ物は?

 

バストアップをする為の“おっぱい体操”などのトレーニングや、バストアップ器具などはよく見かけますが、バストアップに効果のある食べ物とは何なのでしょうか?
現代ではバストアップに効果があるとされるサプリメントも沢山販売されていますが、その他に最も身近な食材を紹介します!

 

バストアップに必要な栄養素“タンパク質”

 

バストアップの際に重要になる栄養素は“タンパク質”です。
タンパク質には“動物性タンパク質”と“植物性タンパク質”の2種類が存在します。

 

“動物性タンパク質”…肉や魚、卵や乳製品などに多く含まれているタンパク質で、動物由来のタンパク質です。
体内で作る事のできない『必須アミノ酸』が植物性タンパク質に比べ多く含まれています。
しかし動物性タンパク質は摂取しすぎると身体に有害な『悪玉コレステロール』や『飽和脂肪酸』と呼ばれる心筋梗塞のリスクが上がる成分が多く含まれています。
動物性タンパク質の多くが消化し辛く、消化・吸収までに時間がかかる為に身体に負担をかけてしまいます。

 

“植物性タンパク質”…豆類や穀物、野菜などに豊富に含まれているタンパク質で、植物由来のタンパク質です。
動物性タンパク質に比べカロリーや脂質が少なく、ガンなどのリスクが増加する心配がありません。
動物性タンパク質よりも必須アミノ酸は少ない傾向にありますが、とうもろこしやそば、ブロッコリーやかぼちゃなどにも多くアミノ酸は含まれているので心配ご無用です!

 

最もオススメの食材“大豆”

 

特にオススメの食材はバストアップに効果がある食材の中で非常に有名な食材“大豆”です。

 

大豆には“肌の新陳代謝を促進する効果”や“乳房や皮下脂肪などを発育させ女性らしい身体を作る効果”があります。
“大豆イソフラボン”という女性ホルモン“エストロゲン”に似た働きをする成分が大豆に含まれており、女性の美しさをサポートしてくれます。
そして植物性タンパク質なので動物性タンパク質よりも身体に優しく、低カロリーにバストアップを図る事ができます!
バストアップの為に毎日大豆を摂取する事を意識していれば、栄養のバランスも大切ですが自然と体内環境がよくなり、美肌効果も望めるでしょう。

 

一方でコーヒーに多く含まれるカフェインは“1日3杯以上”摂取し続けていると、カフェインによる“自律神経の作用”や“身体を冷やしてしまう作用”などから女性ホルモンのバランスを崩してしまいます。
カフェインの摂取のしすぎはバストアップの際大きな壁となってしまいますので気をつけましょう。

 

美味しく、効率的にバストアップを図りましょう!